SSブログ

体に日光浴は大事ですよ。 [日記、雑感]

これからの季節、どんどん暖かくなり、日が沈むのも遅くなり始め、紫外線を気にされる方も多くおられると思いますが、私は若いときから、太陽大好き人間で、海や山で、太陽を浴びて何時も真っ黒になっていました。

img002 (2)_R.jpg



img006_R.jpg


若いときの、友人との剣岳の登山の時の写真です。


img005_R.jpg


雲海よりのご来光です。

今では、「紫外線」と聞くと、ほとんどの人は、肌に悪く、シミやシワの原因になるといわれ、特に女性の方は、「肌の大敵」と見なして、季節を問わず紫外線対策をしている人も少なくないと思います。

確かに、紫外線は皮膚のコラーゲンにダメージを与え肌の老化の原因になりますし、あまりにも強い紫外線を浴び続けると皮膚癌になったり、白内障を引き起こしたりする可能性はあります。

しかし、それも程度問題で、真夏の海岸で長い時間「日に焼く」ような焼きすぎは良くありませんが、散歩や軽いスポーツなどで神経質に日焼け止めを塗って、紫外線を防ぐよりも適度に紫外線を浴びたほうがビタミンDが生成されガンにもなりにくいという事です。

OECDという機関が行った欧米の発ガン率の調査では、北欧の国よりもイタリアやスペインなどの太陽の光を良く浴びる地域の方が圧倒的にガンの発生率が少ないという事がわかっているらしいです。

さらにイギリス国内の調査では、北部より南部の人の方がガンの発生率が低く、アメリカでの調査では、大腸がん乳がん その他のガン他にも、糖尿病など、紫外線の多い地域の方が発生が少ないこともわかったらしいですよ。

何かとマイナスイメージが強くなってきている紫外線ですが、実は、体へのプラス作用もあることをご存知ですか。?

顔や手足にシミやシワができるのは、女性にとって大変なことで紫外線は大敵ですが、あまりに紫外線を避けすぎるとかえって健康を害することもわかっています。

紫外線を浴びることで「ビタミンD」が皮膚で生成されます。

このビタミンDは骨を作る為に必要な物質です。

皮膚で作り出されたビタミンDは、体内で代謝されることで、腸からカルシウムが吸収されます。

つまり紫外線を浴びないでいると骨はもろくなり、最終的には骨粗鬆症を発症してしまうこともあるのです。

骨は日光を浴びることと、運動することで強くなる。 紫外線は人間にとって必要な物なのでもあるのです。

また、紫外線には、細胞の活動を活発にして、その生まれ変わりを促進するする役割を果たしてくれます。

適度な日光浴をしたほうが、若返ります。 さらに、血圧を下げる効果もあるといわれています。

適度に紫外線を浴びるのは、むしろ体にとってはよい事なのですよ。

しかし、 薬を内服していたり、化学物質にさらされる機会のある人のなかには、日光を浴びると皮膚炎を起こす人もおられますし、そのほか体質的に日光に対して過敏な人もおられますが、このような人は、注意が必要で、むしろ日光を避けなければいけません。

それにしても、30年ぐらい前は、日焼け用クリームが全盛だったのに今や、日焼け止め用クリームにとって変わったのですね。

nice!(139)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 139

コメント 3

yakko

こんにちは。お越しいただきありがとうございます。
by yakko (2015-04-22 13:10) 

ちさん

セロトニンを増やしてくれますよね!
セロトニン大事

by ちさん (2015-04-22 20:18) 

Ganchan

ご訪問、nice! ありがとうございました。
by Ganchan (2015-04-23 13:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。