SSブログ

メールアドレスの@の語源とは、 [日記、雑感]

私たちがメールするとき、メールアドレスに使われている「@」(アットマーク)そもそも、@の記号の語源は何なのか。

よく場所を示す“at”(アット)だと思っていましたが、実は「@」には隠れた意味があると言います。

@マークは、本来、“単価”などを表す商業用語です。用途が似ているということで、メールアドレス考案者が、“たまたま”つけたようです。

@マーク自体は、atをデザインしたものではありません。

これは、古代ローマ・ギリシャのツボを表す“amphora”の頭文字です。500年前からフィレンツェの商人の間で、この@が“ツボ単位で”という意味でつかわれていました。

つまり「@」は、場所を示す「at」ではないということ。それが近頃では、場所を示す記号のように思われていますが、本来は違うのですね。

「@」日本ではアットマークと呼ばれていますが、これは全世界共通の呼称ではありません。

英語 「commercial-a(商売のa)」または「commercial-at(商売のat)」

ロシア語 「kommercheskoe(商売のa)」。

その他には「sobachka(子犬、ワンちゃん)」。

イタリア語 「chiocciola(キアチョラ=カタツムリ)」

フランス語 「arobase」。その他には「un a commercial(商売のa )」「a enroule(グルグル巻きのa)」「escargot(エスカルゴ)」

韓国語 「dalphaengi(カタツムリ)」

と呼ばれているようです。

ところで、@に限らずコンピューター用語にはさまざまな面白い語源があります。

例えば、インターネットを見るためのソフトを「ブラウザー」といいますがこれは本来「草を食う牛」という意味で、動詞の“browse”には、「物をむさぼり食う」というニュアンスがあります。

又、ネットワークに入ることを意味するログインも、もともとは「log(丸太)」を海に投げ入れたことに始まる用語です。

一度訪れたホームページをコンピューターに記憶させることで、次回からネットに記憶させることで、次回からネットに接続しなくてもみられるようにすることを「キャッシュ」というが、これも「(探検隊等が後日の使用のために食料や武器を)隠しておく場所」が語源です。

こうしてみると、コンピューター用語や記号にもさまざまな由来がありますね。

ここで、先ほどのブラウザーですが、ご自分のパソコンのブラウザーはどれを使われていますか。

私は、Google ChromeとFirefoxwoを現在使用していますがGoogle Chromeは、最近まで、自動的に 64 bit 版に更新されていると思い込んでいましたが、ネットの記事に64 bit 版は自動更新されないので、自分でインストールしなければいけませんと書かれていました。(最近のパソコンはだいたい64bit )

そこで自分のパソコンで タスクマネージャ(CTRL+ALT+DEL)を起動し確認したら、

chrome.exe *32 表示されていましたので、まだ32 bit 版を使っていることがわかりました。


Chromeブラウザーより、`別のプラットフォーム向けの Chrome をダウンロード’ のリンクをクリックし、`Windows 8/7 64-bit‘ を選択し、インストールしました。

64bit版の利点は、

(Chromium Blogより)

高速化 グラフィックスやマルチメディアコンテンツでは平均して25%の高速化

安全性 JIT spraying攻撃などへの耐性向上、既存のセキュリティ対策機能もより効果的に。

安定性 レンダラプロセスでは、32bit版と比較してクラッシュがほぼ半減。 との事です。

今、現在、64bitChromeブラウザーの使い勝手は、確かによくなっています。

特にブラウザーのスピードは、体感的にも早くなったと思います。

もし今、32bit版のGoogle Chromeを使われ64bit版のパソコンを使われているならば、64bit版を使用することをオススメします。



nice!(76)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 76

コメント 1

森のノーム

こんにちは
ご訪問とnice!をありがとうございました(*^^*)
アットマークのお話を楽しく読ませていただきました☆
外国語の呼び名は面白いですね!
by 森のノーム (2015-04-07 19:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。